ポーカー経済を制する者がポーカーを制す ~ オンライントーナメント編

オンライントーナメントは興味深い選択肢だ。全てのオンラインプレイはライブプレイよりも熾烈なものたが、オンライントーナメントはどちらかといえば、キャッシュゲームよりも甘く、潜在的に収益性がより高いものとなる傾向がある。

オンライントーナメントには一つの大きな利点がある。安いトーナメントを大量にプレイできる点だ。参加費11ドルや22ドルのトーナメントを、一日に100以上もプレイする人たちを知っている。

私の考えでは、オンラインで利益を出したいのなら、キャッシュゲームと比へて、トーナメントの方がよほど簡単な方法だ。正確なショートスタックプレイや、賞金額の影響の正確な見積もりといった、トーナメントに特有なスキルは、オンライントーナメントにおいて特に顕在化する。

あなたがこれらニつの分野を習得すれは、3~7%の利益率はすぐに出せるようになる。この利益率は、同等のライブトーナメントよりも低くなるものの、オンラインではより安いトーナメントを大量にプレイすることができる。

こういった稼ぎにより、恒常的にお金を得られ、何万ものハンドを通して腕を磨ける環境も得られるのである。そうし
て得たスキルは、ライブトーナメントをプレイするときにも使えるわけで、高額ライブイベントがあなたの街に来た時に、それらに参加することができる手助けになるかもしれないのである。

結局のところ、多くのプレイヤーにとって、オンライントーナメントは良い選択肢である。トーナメントプレイで得られる賞金の良い点は、キャッシュゲームプレイよりも、その上限額が高いことだ。オンライントーナメントに限ってプレイしてしまうと、世界最強のプレイヤーとなることはできないだろうことは再度強調しておく。

しかし、世界最強の「トーナメントプレイヤー」となることはできるかもしれない。そしてその肩書は、誰もそれを辞退はしないものであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。