New Leaders, New Solutions, New Beginning.

インタビュー


MPIでは、より良い社会の創造をめざしてご活躍されている方々にインタビューを行い(不定期)、MPI内外の若手ビジネスパーソンや大学生のためになるお話をうかがっています。

This category contains 22 posts

(特別インタビュー)日本独自の民主主義と政策マーケティングに向けて

MPIでは、ビジネス・マーケティングの知見を活用することで、政策の「作り手」と「受け手」をもっとうまくつなげることができるのではないかという問題意識のもと、この4月から「政策マーケティング・セミナー」を継続して開催しています。今回は、ネット選挙解禁のタイミングを捉え、日本の民主主義と政策マーケティングの第一人者である以下のお三方にお話を伺ってきました。

田中 愼一氏[フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社 代表取締役社長]
辰巳 達氏[ボックス・グローバル・ジャパン株式会社 バイスプレジデント]
西田 亮介氏[立命館大学先端総合学術研究科 特別招聘准教授]
(以下敬称略)

日本、国際社会で主体性発揮せよ―民間シンクタンク活性化が鍵:エズラ・ボーゲル氏

今後の国際社会において日本はどうあるべきなのか。MPIが志向する民間・非営利のシンクタンクに求められる役割とは。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者として知られる全米屈指の識者、エズラ・ボーゲル氏に聞いた。

人の可能性を伸ばしたい:阿部淳一郎氏〔キャリアコンサルタント〕

30歳にして、フリーランスのキャリアコンサルタントの道を歩む阿部氏。学生や若年転職者の理解者となり支持を受ける彼は、若さを武器にたくさんの若者をサポートしている。キャリアコンサルトとは一体どんな仕事なのか?若者・学校・企業それぞれの「職」に関する意識、また、コンサルタントとしての今後の目標などをお話いただきました。

地域で育児をサポートする社会へ――ソーシャルベンチャーの挑戦:駒崎弘樹氏〔フローレンス〕

保育業界における最大の難問と言われる「病児保育」について革新的なビジネスを開始したNPO法人フローレンス。立ち上げたのは、まだ25歳の若者、駒崎弘樹さんです。「育児を皆でサポートする地域を創りたい」と語る“ソーシャル・ベンチャー”の先駆者に、その思いと構想を聞きました。

育児休暇でキャリアを磨く:小室淑恵氏〔資生堂販売〕

資生堂が販売し、既に80社以上の企業が導入したインターネットを活用した育児支援プログラム「wiwiw(ウィウィ)」。企画・開発したのは当時入社2 年目だった小室淑恵さん。「育児休暇をキャリアブランクではなくブラッシュアップの期間にしたい」と語る次世代ビジネスリーダーに、育児関連ビジネスに求められる発想と視点、その先に見据える社会の未来像を聞きました。

夢見る人の「一歩踏み出す勇気」をサポート:和田清華氏・岩崎久美氏〔私には夢がある〕

夢があるのに踏み出せずにいる人に「勇気ある一歩」を踏み出すきっかけをつくってあげたい――。社会人のためのアウトプット講座「人生予備校」をはじめ数々のセミナーや講演を開催し、顧客の熱い支持を集めるベンチャー企業、私には夢がある。その目覚しいご活躍も「やりたいことをやっているだけ」と軽やかに語る和田清華会長・岩崎久美社長のお二人を、自由が丘のオフィスに訪ねました。

メディアから見た「Y世代」:片岡英彦氏〔MTVジャパン〕

今後の日本社会を担う「Y世代(10代後半~20代前半)」の底力を探る企画。世界最大の若者向け音楽エンターテイメント専門チャンネルを運営するMTV でご活躍中の片岡英彦さん。「顧客の中心はY世代だし、一緒に仕事しているスタッフの多くもY世代です」。さまざまな角度からY世代と関わっている片岡さんに、Y世代の強みや弱み、Y世代だからこそ生み出せる価値や課題について、存分に語っていただきました。

技術と営業のCo-work:増田和悦氏〔元・楽天CIO〕

現代ビジネス界において、何かと羨望の的にされる「ITベンチャー」。その成功物語では創業者にのみ光が当てられがちだが、もちろん会社の発展は創業者一人の力だけでできるものではない。成功の裏には、経営者や企業を支えてきた「影の立役者」がいるのだ。インターネットベンチャーの先駆的存在である楽天で CIOを務めた増田氏に話を聞いた。

「ベンチャー」を免罪符にしてはならない:早川与規氏〔サイバーエージェント副社長〕

現代ビジネス界において、何かと羨望の的にされる「ITベンチャー」。その成功物語では創業者にのみ光が当てられがちだが、もちろん会社の発展は創業者一人の力だけでできるものではない。成功の裏には、経営者や企業を支えてきた「影の立役者」がいるのだ。インターネットベンチャーの雄・サイバーエージェント副社長の早川氏に話を聞いた。

社会の中の自分の位置を考えろ:細野豪志氏〔衆議院議員〕

「真面目に自分のビジネスをやろうと思う人は必ず政治の問題にぶつかる……きちんとビジネスをやっていけば、自分の仕事が社会の中でどのような位置づけにあるかを考えるでしょう。そうすれば自然と政治を見ることになると思うのです」――民間シンクタンクを経て政治家となった細野氏の思いを聞く。