New Leaders, New Solutions, New Beginning.

活動報告・イベント案内


MPIの日々の活動の模様をお伝えします。MPIが開催もしくは協力・賛同するセミナーやフォーラム等、各種イベントの情報もお知らせします。

This category contains 187 posts

プチ・レトルにインタビューが掲載されました

電子書籍出版を手掛けるプチ・レトル様のサイトに、英語学習に関する理事長のインタビューが掲載されましたので、お知らせします。
主に、TOEFLのスコアアップに関する内容ですので、留学を目指す方などに参考にしてもらえれば幸いです。

日仏ワークショップに参加します

MPIでは、7/31日に開催される日仏ワークショップに参加します。これは、国際交流基金がトヨタ等と共催する、フランスの若手リーダーに日本を理解してもらうプログラムの一環として行われるものです。フランス側からはグランゼコールの学生が参加しますが、MPIとしても、日仏若手リーダーの交流という趣旨に賛同し、要請を受けて参加者を派遣する予定です。

MPI京都が京都府知事と討論会を行いました

1月18日に、MPI京都(学生団体)が企画した「知事と和い和いミーティング×京都の大学生による大討論会2014~もし京都府知事が学生だったら…秘書も学生~」が開催されました。本企画はメディアにも掲載されるなど大きな反響を呼びました。
以下では学生スタッフ(池田)の記事を掲載しています。

理事長が慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所の「復興リーダー会議」委員に選出されました

この度、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)が主催する「復興リーダー会議」の第3期会議委員として理事長の山崎が選出されましたのでご連絡します。
これは、「東日本大震災の被災地での支援活動で実績を積んだリーダーや、今後の復興を担う人々による「復興リーダー会議」を立ち上げ、被災地の復旧から復興に向けて情報交換、対話と議論、研究を行います。復興に携わるリーダーを支援することにより、被災地の、さらには日本の復興につなげていきます」との趣旨に基づき開催されるものであり、GTOなどで東日本大震災復興支援について実績を積み重ねているMPIとしても、その趣旨に賛同し、参加するものです。
MPIでは、引続き震災復興に向けた取り組みを積極的に行って参ります。

【お知らせ】MPI全国5ヶ所目の拠点・MPI名古屋(学生部)の設立について

この度、”New Leaders, New Solutions, New Beginning”を掲げるMPIの理念及びメンバーの熱意に共感した名古屋大学の学生を中心に「MPI名古屋を設立したい」という機運が高まり、過去半年にわたってデロイトやトヨタなど企業と連携した人材育成等を展開してきました。
こうした実績を踏まえ、NPO法人MPIは、MPI名古屋(代表・牧田卓也)の設立を、京都・福岡・東京・福岡に続く学生部5つ目の全国拠点として正式に承認しましたのでご報告します。
MPIは、今後もその理念の実現に向け、更なる国内拠点の設立に加えて海外拠点の展開も視野に入れながら活動していく所存です。

(2/25)第9回政策マーケティング・セミナー「本当の市民社会に向けて」を開催します!

MPIでは、第9回「政策マーケティング・セミナー」を、2月25日(火)に開催予定ですので、お知らせします。詳細は以下をご覧ください。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

            【パブリック×ビジネスマーケティング】
           社会を変えるマーケティングって何だろう?
            主催:NPO法人MPI http://www.mpi-net.org/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

「政策マーケティング・セミナー」とは?

・ビジネスの世界では当然のように使われる「マーケティング」。ところが、政治や行政の分野でマーケティングを効果的に応用しているケースは、日本ではまだ多くありません。

・そこで、MPIでは、ビジネス・マーケティングの知見を活用することで、政策や公的な活動の「作り手」と「受け手」をもっとうまくつなげることができる、そしてそれがよりよい公共政策につながるのではないかと考えました。

・第9回のセミナーでは、「本当の市民社会に向けて」をテーマに、参議院選挙への立候補やNPOセクターを経て、現在はアストラゼネカ執行役員としてご活躍中の小野崎氏をお招きし、様々な分野でのご経験を踏まえながら、本当の市民社会へ必要なマーケティングについてお話頂きます。
 

・参加を希望される方は、facebookのイベントページにてその旨表明頂くか、担当の吉澤(hajime0719yoshizawa[@]yahoo.co.jp)までご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆1.概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日時:2月25日(火)
   19:30~21:30
   ※セミナー後、会場近くで有志による懇親会(実費)を予定しています。
    懇親会に参加希望の方は、その旨も併せてお知らせください。
会場: EIJI PRESS Lab
    英治出版が入るピトレスクビルの5階(恵比寿駅より徒歩5分)

主な対象:政治・政策の世界で、マーケティングの必要性を感じられている方
     公共政策分野の研究者や留学経験のある方
     マーケティングや政策分野に興味のある学生の方
 
定員:毎回20人程度

会費:500円(会場費)

(1/21)第8回政策マーケティング・セミナー「人はなぜ寄付をするのか」を開催します!

MPIでは、第8回「政策マーケティング・セミナー」を、1月21日(火)に開催予定ですので、お知らせします。詳細は以下をご覧ください。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

            【パブリック×ビジネスマーケティング】
           社会を変えるマーケティングって何だろう?
            主催:NPO法人MPI http://www.mpi-net.org/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

「政策マーケティング・セミナー」とは?

・ビジネスの世界では当然のように使われる「マーケティング」。ところが、政治や行政の分野でマーケティングを効果的に応用しているケースは、日本ではまだ多くありません。

・そこで、MPIでは、ビジネス・マーケティングの知見を活用することで、政策や公的な活動の「作り手」と「受け手」をもっとうまくつなげることができる、そしてそれがよりよい公共政策につながるのではないかと考えました。

・第8回のセミナーでは、「人はなぜ寄付をするのか」をテーマに、言論NPOのファンドレイザーである吉本氏をお招きし、NGOやNPOの資金調達活動(ファンドレイジング)と、マーケティングの関係に焦点を当てて議論します。非営利シンクタンクや国際NGOなどのファンドレイジング事例についてもご紹介します。
 
・参加を希望される方は、facebookのイベントページにてその旨表明頂くか、担当(hajime0719yoshizawa[@]yahoo.co.jp)までご連絡ください。

MPI京都・福岡総会が開催されました

去る12月14日(土)、京都大学にて京都学生部と福岡学生部による年次総会を開催しました。
年一回の総会を区切りに学生部の執行部は代替わりし、新執行部による一年が始まります。

同日、京都・福岡学生部による合同フォーラム(ビジネスプラン発表会)が開催されました。
株式会社ダスキン ミスタードーナッツ事業本部より髙野商品開発部部長をお招きし、『ミスタードーナッツの新規事業戦略』をテーマに3チームによるプレゼンを行いました。
顧客への聞き込み調査から過去の戦略まで広きにわたる調査に基づき、モール内での移動販売や夜カフェ事業などが提案されました。
従来のフォーラムとは異なり、髙野部長より実体験に基づく詳細なフィードバックをいただきました甲斐あり、今回のフォーラムをより実り多いものにすることができました。

第7回政策マーケティングセミナー「コミュニティオーガナイズとクラウドファンディング」を開催しました

 MPIは11月25日(月)、第7回政策マーケティングセミナー「コミュニティオーガナイズとクラウドファンディング」を開催しました。ゲストスピーカーとしてハーバード・ケネディ・スクール出身の鎌田華乃子氏を迎え、地域のリーダーシップを育てる「コミュニティオーガナイジング」について、また自身が日本で行ったクラウドファンディングについて、実践経験をもとにお話し頂きました。

理事長が2014年のYoung Strategists Forumに参加します

理事長の山崎が、来年2月初に東京で開催されるYoung Strategists Forumに参加する予定です。本ForumはワシントンDCに拠点を置く有力シンクタンクThe German Marshall Fund of the United States (GMF)が、外交・国際関係を主なテーマとして戦略的思考力を持つ次世代リーダーを育成することを狙いに開催するプログラムです。特に、戦略シミュレーションを通じたプログラムの質の高さは定評を得ており、その模様をMPIのホームページなどでもご紹介して参りたいと考えております。
なお、GMFの事務局によれば、今年は17の定員(米国・日本・その他地域から各6名程度)に対し、応募者は350名に及んだとのことです。