New Leaders, New Solutions, New Beginning.

2013. 7

(7/23)第4回「政策マーケティング・セミナー」開催!

MPIでは、第4回「政策マーケティング・セミナー」を、7月23日(火)に開催予定ですので、お知らせします。
詳細は以下をご覧ください。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

            【パブリック×ビジネスマーケティング】
           社会を変えるマーケティングって何だろう?
            主催:NPO法人MPI http://www.mpi-net.org/

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

「政策マーケティング・セミナー」とは?

・ビジネスの世界では当然のように使われる「マーケティング」。ところが、政治や行政の分野でマーケティングを効果的に応用しているケースは、日本ではまだ多くありません。

・そこで、MPIでは、ビジネス・マーケティングの知見を活用することで、政策の「作り手」と「受け手」をもっとうまくつなげることができる、そしてそれがよりよい政策立案につながるのではないかと考えました。

・本セミナーでは、ビジネス・政策双方から参加者を募り、基本テキスト(洋書)の内容をベースにしつつ、毎回ケーススタディや実務者ゲストの講演なども織り交ぜながら、議論を深めていきます。

・第4回では、7/21の参議院選挙の結果をマーケティングの観点から検証します!

・参加を希望される方は、facebookのイベントページにてその旨表明頂くか、担当(hajime0719yoshizawa[@]yahoo.co.jp)までご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆1.概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日時:7月23日(火)
   20:00~22:00
   ※セミナー後、会場近くで有志による懇親会(実費)を予定しています。
    懇親会に参加希望の方は、その旨も併せてお知らせください。

会場: EIJI PRESS Lab
    英治出版が入るピトレスクビルの5階(恵比寿駅より徒歩5分)

主な対象:マーケティングへの知見をお持ちで、政治・政策への応用に関心ある方
     政治・政策の世界で、マーケティングの必要性を感じられている方
     公共政策分野の研究者や留学経験のある方
     マーケティングや政策分野に興味のある学生の方

 定員:毎回20人程度

 会費:500円(会場費)

(特別インタビュー)日本独自の民主主義と政策マーケティングに向けて

MPIでは、ビジネス・マーケティングの知見を活用することで、政策の「作り手」と「受け手」をもっとうまくつなげることができるのではないかという問題意識のもと、この4月から「政策マーケティング・セミナー」を継続して開催しています。今回は、ネット選挙解禁のタイミングを捉え、日本の民主主義と政策マーケティングの第一人者である以下のお三方にお話を伺ってきました。

田中 愼一氏[フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社 代表取締役社長]
辰巳 達氏[ボックス・グローバル・ジャパン株式会社 バイスプレジデント]
西田 亮介氏[立命館大学先端総合学術研究科 特別招聘准教授]
(以下敬称略)

第3回マーケティング・セミナーを開催しました!

6/25、MPIでは第3回「政策マーケティング・セミナー」を開催しました(政策マーケティング・セミナーについては、こちらをご覧ください)。

写真

当日は、現役衆議院議員や市議の皆様をゲストにお招きし、白熱した議論が展開されました。

次回の政策マーケティング・セミナーは7/23(火)20時~を予定しております。初参加の方も大歓迎ですので、ご関心のある方は担当の吉澤(hajime0719yoshizawa[@]yahoo.co.jp)までご連絡ください。

■目次

1.選挙とマーケティングの関わりについて
2.マーケティングと新しいメディア
3.ケース:MPIから2013年参院選に出馬した場合のマーケティング戦略

学生による政策コンテストGEIL2013にメッセージを寄稿しました

学生による政策コンテストとしては日本最大となる「GEIL」からの依頼を受けて、理事長の山崎がメッセージを寄稿しました(全文はこちら)。
山崎は自身が学生だった10年以上前にGEILに参加した経験を、これまでのキャリアと重ね合わせて学生のみなさまへメッセージを送っておりますので、ぜひご覧ください。そして今年も多くの有志がGEILに挑戦してくれることを願ってやみません。