New Leaders, New Solutions, New Beginning.

2012. 6

(速報)昨年度に引続き三菱商事(株)による東日本大震災復興支援助成金への採用が決まりました

この度、昨年度に引続き三菱商事(株)の「東日本大震災復興支援助成金」への採用が決定した旨同社より連絡を受けましたのでご報告します。
これは、被災地の復旧・復興に従事するNPOや社会福祉法人等を対象に最大年額250万円の助成金が給付されるものです。
昨年度に引き続きMPIの活動実績が認められ、ご支援を頂戴することに心より感謝申し上げます。こうした機会を最大限活用し、復興に向けて少しでも貢献できるよう、さらなる活動展開を図って参りますので、ご関心がおありの方は info[@]mpi-net.org までご一報いただければ幸いです。

理事長が民主党・若手社会人有志による「マニフェスト検証会議」にパネリスト参加しました

6/4日、民主党本部で開催された「学生・社会人×民主党若手議員 マニフェスト検証会議」に、MPI理事長の山崎がパネリストとして参加しました(朝日新聞<WEB RONZA>の記事はこちら)。

当日は、民主党から鈴木寛参議院議員、津村啓介衆議院議員が参加されたほか、若手社会人や学生有志が50名以上集いました。

冒頭、山崎からは会場に対して「本来あるべきマニフェストとは、「提供する側」と「選ぶ側」双方の責任を伴うものだ」との問題意識のもと、「日本が直面する状況を踏まえると、トレードオフが明らかでない選択は、責任ある決断とは言えない。この視点から今のマニフェストを検証すべきだ」とのコメントがなされました。鈴木・津村両議員のコメントの中でも、「トレードオフ」が一つの重要なキーワードとなり、会場を含めて活発な議論が行われました。